クチコミなどで勧誘がないという銀座カラーですが、私の体験談では、意外と勧誘されるという印象です。

 

確かに、某有名サロンと比べると、強引な勧誘というものではありませんが、割と押しは強いという印象を持ちました。

厳密には、勧誘というよりも、案内という感じですが、冷やかしや体験だけを受けに行った人には、ちょっと強引に感じるかもしれません。

逆に本気で良い脱毛サロンを探している人にとっては、お得な内容を話してくれるので、いいかもしれません。

 

私が銀座カラーの体験コースを受けたときには、WEB予約をすると15パーセント割引のキャンペーンを行っていました。

予約用の申し込みフォームでは、カウンセリングのみか、施術も希望するかを入力します。

 

次の日には、銀座カラーから予約確認の電話がありました。予約日を確認し、いよいよカウンセリングと施術を受けることに。

 

サロンの中に入ると、受付にはきれいなお姉さんたちがずらっと並び、名前を告げると広いスペースにいくつも並んでいるテーブルの一つに案内されました。

てっきり個室でのカウンセリングだと思っていたので、すこしびっくりしました。

 

隣に別のお客さんもいる中で、Vラインの処理の話とかするのは少し抵抗がありましたが、簡単なアンケートに記入し、その間にハーブティーを出してもらいました。

 

いよいよカウンセリング開始です。

カウンセリングでは、銀座カラーで行っているIPL脱毛についての説明や、毛周期の説明、保湿の大切さなどの説明をしてもらいました。説明は丁寧だけど、少し事務的な印象を受けました。

結構クチコミでも、スタッフが冷たいという話はありましたが、ちょっと納得です。

私は、いくつかのサロンを体験したことがあるので、無駄話もなくてきぱきと説明してくれた方が、私的には好印象でした。

 

カウンセリングでは、気になる料金の説明があり、しっかりと勧誘されました。

もともと体験コースだけを受けるつもりだったので、体験コースを受けてから考えますと伝えましたが、この割引ができるのは今日契約した場合だけですと言われたり、ほかの部位の契約をすると、体験コースの部位が無制限になるなどといろいろ勧誘されました。

 

クチコミなどでは勧誘はないという内容がよく書かれていますが、その割にはかなり熱心な勧誘をされたという印象です。

ただ、体験だけでなく、続けて通うつもりで来た人には、おすすめのプランやキャンペーン、ホームページなどに乗っていない情報なので、お得感はあるかもしれません。

もちろん、契約するまで帰してくれないといったことももちろんなく、適当に理由をつければそこで引いてくれますから、しつこいという感じではありません。

 

いよいよVラインの施術です。

私が案内されたのは、仕切りがカーテンの部屋で、清潔感がある施術ルームでした。

 

紙パンツは広げて見るとTバックのような形ですが、Vラインの脱毛なので、細いひもの方を前にして履きます。

想像できるかもしれませんが、前がひもなので、何も隠れません。

 

私の場合、それほど毛が多い方ではなかったので、とりあえず今回はVサイドのお試しだけで様子をみることにしました。

施術前にミーティングがすみ施術範囲が決定したら、ジェルを塗っていきます。

 

そして照射をしていきますが、Vラインのような毛が太い部分は痛みが強いという知識は持っていましたが、思った以上に痛かった。

よく輪ゴムではじいたような痛みと言われますが、どちらかというと毛抜きで強引に引っ張って抜くような痛さです。

施術自体はあっという間に終わるので、我慢できないほどの痛さではありませんが、あまり痛くないと思って行くとびっくりするような痛さかもしれません。

 

照射が終わったら、ジェルをへらでとっておしまいです。

施術後1週間ほどで軽く毛を引っ張るとぽろぽろと抜けていくようになりました。