ラットタットは新しく誕生した脱毛サロンです。現在、急激に店舗数を増やしていて急成長しているお店なのです。そして、新しいからこそ今までの脱毛サロンにはないやり口で脱毛したい人を集めています。

値段が安くて脱毛範囲が広いのが特徴

ラットタットを語る上で欠かせないのが、脱毛の値段のわりには脱毛範囲が広い事です。ラットタットでは、全身脱毛の脱毛箇所がなんと50箇所と業界の中でも多いです。その部位を細かく見ていくと、上はおでこから下は足の指までです。顔脱毛とVIO脱毛もしっかりと含まれており、文字通り「全身くまなく脱毛」なのです。

 

これを他社と比べてみると、部位は48箇所などラットタットよりも部位数が少なくなります。また、他社だと顔脱毛やVIO脱毛が両方含まれていない場合もありますし、顔だけやVIOだけ、Vだけなど細かい部分が全身脱毛に入っていない場合もあります。ラットタットは顔もVIOもすべてコミコミなので、他に脱毛箇所を追加しようにも、追加できないのです。

 

そして、ラットタットは業界の中でも料金が安い分類に入るのです。ラットタットは顔もVIOもコミコミで、月々6800円です。これも他社と比べて見ると、他社だと全身脱毛が1万円前後に設定されています。ラットタットは、全身脱毛の相場よりもだいぶ安く脱毛ができるんです。新しい脱毛サロンだからこそできる価格破壊です。

通いやすいのは剃り残しがあっても0円だから

ラットタットの特徴で印象的なのは、剃り残しのシェービングが無料という点です。

脱毛では、毛の毛根に光や熱を加えてムダ毛を処理します。そのため、表面に出ている毛をシェービングしないと、毛根に光や熱が伝わりにくくなってしまいます。脱毛機関では、そのシェービングを客に任せている場合がほとんどです。

 

シェービングする際にカミソリの刃が肌を傷つけてしまう恐れがありますし、もし血が出てしまったらタオルや器具を汚してしまいます。血はタオルを洗っても取れにくいので、そうなると備品であるタオルを捨てなければいけません。また、血の消毒により脱毛時間がオーバーしてしまい、他の客にも影響が出てしまいます。

 

だからシェービングは、客自身が事前にやっておくのが原則です。もし剃り残しがあると、脱毛予約をしていたとしてもキャンセルされてしまう場合もあります。予約が取れにくいサロンだと、キャンセルされたら次の脱毛日すら決まらない場合もあります。さらに、剃り残しは有料でシェービングとなる場合もあります。

 

ラットタットでは、もし剃り残しがあったとしても無料でシェービングしてくれます。背中や襟元などの自分では見えずらい場所は、剃るのが大変ですよね。剃り残しがありがちな場所でも、ラットタットならば無理に剃って脱毛に向かう事は不要です。

 

ただし、VIOは衛生上から剃り残しがあってもシェービングサービスはないので、注意しましょう。